ブログトップ

眉山草紙

fumotoni.exblog.jp

豊橋さんぽ

c0215505_16271231.jpg

童画、版画、刊本、デザイン、文筆などを手掛けた武井武雄の展を見に、豊橋へでかけました。
世界には時々、こんな天才が現れるのだなと感じました。
そして静かな豊橋の町を歩いていると、商店街の古いビルで映画祭が開かれていて、「健さん・文太・優作展」の最終日でした。
どちらもいい展で行った甲斐がありました。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by fumotonisakuhana | 2015-11-25 16:50 | ひとつひとつ  
<< 製本の素材 初老眼の秋2 >>