ブログトップ

眉山草紙

fumotoni.exblog.jp

c0215505_15282339.jpg

中学、高校も校舎で鳩が暮らしていた。
体育館での集会中 上からボトリ。
千分の一の確率で当たった人が叫んだ。

雨の日、一時間目のチャイムの直後に静かな階段を駆け上がると、
廊下を、鳩が歩いていた。
あきらめるしかない。
鳩が廊下で待っていると知っていたら、家でゆっくりしていたのに。

鳩サブレーのシールは集めるほど好きだけど、大人になっても 公園、
神社、駅前など鳩の集まる気配を遠回りして避けてきた。

田舎のスローライフが 虫との共存、虫との戦いであるのと同じく、背の高いマンションライフは鳥との共存、鳥との戦いである。

マンションを買う時 価格、広さ、立地条件などと共に「鳩が来ない保証」が付いていたら、価値が随分上がると思う。モデルルームの変なインテリアの写真より鳩対策完備の方が私は魅かれる。宇宙へ飛んで暮らせる時代、鳩が嫌う外壁の色、鳩が怯える外観が まだわからないのか。

100軒あるうちの1軒が とうとうネットを張った。
わざわざ、そのネットの際を鳩は歩いていた。
あの校舎の廊下で会った鳩と同じ顔だった。
家に入れなくなる日が 近いかもしれない。
[PR]
by fumotonisakuhana | 2010-06-09 16:03 | ひとつひとつ  
<< 落としぶた 何の会 >>