ブログトップ

眉山草紙

fumotoni.exblog.jp

開幕近づく

c0215505_15331550.jpg
子供のころ、大杉選手が好きだった。野球部のマネージャーだった。
西宮にいたころは、一人で夏の甲子園を見に行った。

今年のプロ野球も力が入る。

ご近所の主婦のかたよりは、野球好きかもしれない。

「じゃあ、試合に出る?」と誘われたけど、投げたことも打ったこともない。全くない。
バットの持ち方すら知らず、ブルンブルンブルンと素振りをして
「どうにもならないよーっ!だれかプロの人、教えてよーっ!」とここしばらく叫んでいた。そしてちょっと気がついた。

田舎の主婦が野球を始めても いきなりイチローが教えに来てくれる可能性はゼロ。だったら、主婦はどうする?走る。キャッチボールをする。筋トレして体をつくる。DVDを見てイチローのフォームを真似てみる。画面のイチローのフォームとうちの母の格好の違いは子供にも一目瞭然。見た目だけど、バットの持ち方、目線、重心、腰の位置、足の向き、見た目だけ、だけど。母がイチローに近づけるなら、ふざけた子供は協力するだろう。もし周りにそんなヒマな人がいなければ、鏡を置いて、DVDを見ながら毎日練習したら格好だけでもほんの少し似せられるかも。
「もしかして、それってイチローの真似のつもり?」って、笑われたらうれしいと思う。
[PR]
by fumotonisakuhana | 2010-02-24 16:30 | ひとつひとつ  
<< 開幕近づく 2 バレンタインデイ >>